この令和の時代
耐震も断熱も
もちろん大切


これまでもたくさんの耐震診断や
耐震改修をやって来ました

断熱などは先駆けて
まともな本もない時代に
試行錯誤しながらやって来ました

快適に住まうと言うことは
とてもいいこと

だけどそれも絶対ではありません

今の家の作り方は
物理法則で作りすぎだとおもう

現に、気をコントロールできる
作り手がいなくなった

昔気質の職人さんが年老いていき
これからはますます気を読める人が
少なくなっていく

数値で出るのが正しいなんて
表面的な見える世界の話

全体のたった5%程度の世界にすぎない

土地を読める人が少なくなったから
災害が起きるようなところに家が建つ時代


これでいいとは思えない

災害が起きないように
コンクリートで固めるけど

それ以上の自然の力で簡単に破壊される

本来の私たちは自然とともに暮らしてきた

壊されても修復して
また住み続けてきた

これは暮らしへの
愛情の欠如

住まいへの愛情
地域への愛情
自然の一部として暮らすことへの愛情

他人への愛も然り

調和の状態が一番いい

ふつうに断熱も耐震もやりますが
同時に大切なことは・・・

家本来、土地本来の気を読んで
ふさわしい在り方を視ること

新築なら新築の在り方で
古い建物のリノベならその在り方を読んで

あなたらしく過ごせる場
あなたの「好き」を活かせる場

あなたの人生が好転していく場

あなたがその土地で
豊かに暮らせる場をデザインしましょう

あなたの人生が今以上に
輝いていきますように